うつで退職してよかったか、後悔しているか|30代男性30人アンケート

うつで退職してよかったか、30代男性30人へアンケート

この記事は、「うつで退職してよかったか」に関する記事になります。

「うつ」で退職してよかったですか?|30代男性30人にアンケート

今回、「うつ」などの精神疾患を理由として退職した30代男性30名へアンケートを実施しました。質問内容は次の3点です。

  • うつで退職してよかったですか?それとも後悔していますか?
  • なぜそのように思いますか?
  • うつで退職しようか悩んでいる30代男性に、一番伝えたいことは何ですか?

アンケートにご協力いただいた全30名の生の声を、今回の記事でご紹介いたします。うつなどの精神疾患を持っており、退職を悩んでいる30代男性の方は、是非ご参考にしてください

アンケート概要|うつで退職した30代男性へのアンケート

まずは、うつで退職した30代男性へのアンケート方法を以下に記載いたします。アンケート結果だけが気になる方は、次の章へ飛ばしていただいて構いません。

【アンケート概要】

  • 質問内容:
    ① うつで退職してよかったですか?それとも後悔していますか?
    ② 上記の質問に関して、なぜそのように思いますか?
    ③ うつで退職しようか悩んでいる30代男性に、一番伝えたいことは何ですか?
  • 調査対象:「うつ」などの精神疾患を理由として正社員を退職した経験のある30代男性30名
  • 調査地域:全国
  • 調査期間:2021年10月12日~2021年10月25日
  • 調査方法:インターネット調査

アンケート1|うつで退職してよかったですか?それとも後悔していますか?

ここからは、アンケートをとった3つの質問に対する回答をご紹介します。

まず、「うつで退職してよかったですか?それとも後悔していますか?」という質問に対して、アンケート結果は以下のようになりました。

30代男性 うつで退職してよかったか、後悔しているか アンケート結果

【うつで退職してよかったか】

  • 退職してよかった…28名
  • 後悔している…2名

うつでの退職という選択について、「退職してよかった」と回答した方が30人中28人となりました。

それでは、なぜ退職して「よかった」か、或いはなぜ「後悔している」のでしょうか。続いて理由を見ていきます。

アンケート2|うつで退職してよかった/後悔している理由を教えてください。

うつで退職してよかった理由

うつで退職して「よかった」と回答した30代男性28名の回答をご紹介します。回答は6種類に分け、回答数が多い順にご紹介します。

職場のストレスから解放されたから(28人中15人)

  1. 退職時に不安は多少ありましたが、病気の原因の大きな部分を仕事が占めていたため。
  2. そのまま当時の会社に残っても、原因の解決が出来ずに再発していたと思うため。
  3. 一度大きなストレスと思われる原因から離れたことは良かったと思います。
  4. あのまま仕事を続けていても結局病気が悪化して体を壊す事になっていたから。
  5. 辛くて仕方がなかったので退職してよかったと思っています
  6. 退職せずに続けていたら症状が悪化する一方だと思うからです。
  7. 上司との関係も悪く症状が悪化していため。
  8. パワハラと毎日の忙しさで身体の内側も外側もやられていたから
  9. 退職したことで人間関係をリセットできてよかった。
  10. 原因が職場の環境&同僚と関係だった為です
  11. 仕事が原因で精神病になってしまったので。
  12. 仕事に対してのストレスがなくなったからです。
  13. 当時は自殺まで考えた。息もできないぐらいひどい状態だった。
  14. かなり自分でも危ない時期で希死念慮が出始め出勤もままならないほど体は動かず今の様に頑張る気力も失ってしいました。親は働け働けと毎日攻めるのです。私は遂に精神科へ向かいました。薬を処方されると頑張る気力が戻り今の仕事が楽しくてしょうがないです。
  15. 月の労働時間が600時間を超えていたので、退職して正解だと思いました。

うつが改善してきたから(28人中7人)

  1. 仕事場でのストレスから解放されて病状が改善したから。
  2. 休職期間の間にある程度回復し、精神的に落ち着いたから。
  3. 当時の生活は仕事に必死でプライベートが何もできない状態でした。掃除すらできずに休日は引きこもりでしたが、解消できたので退職して良かったです。
  4. 仕事をやめてからはモヤモヤがなくなった。
  5. 健康状態が改善されたと思うし、自分の人生が正しい方向に進んでいるように思うから。
  6. 人間関係がひどすぎて当時は自殺なども考えたのですが、しっかりと休んだら考え方がかわりました。
  7. 仕事どころか私生活もまともに出来なく大変だったからです。

新しい職場環境に満足している(28人中2人)

  1. 無駄な我慢をするよりも、退職して新たな環境の下で新しい仕事を始めてよかったと感じているため。
  2. 一人起業にて自分なりに働ける環境を手に入れたから

自分を客観視できた(28人中1人)

  1. 自分が本当にやりたい仕事ではなく、レールから外れることで自分を客観視できたので。

その他(28人中3人)

  1. 給料が給料日に出ない、社長はソシオパス、雇用保険にも労災保険にも入らず、就業期間は保険証なしで過ごした。
  2. 休職後復職したが、結局また精神のバランスを崩したので、一度きりの人生なのに我慢ばかりで嫌になったから。
  3. 元からいずれはフリーランスや独立を目指していたから

うつで退職して後悔している理由

続いて、うつで退職して「後悔している」と回答した30代男性2名の回答をご紹介します。

経済的に厳しくなったから(2人中2人)

  1. 結局辞めて、転職したら給料面が大きく落ちたから。
  2. 収入がなくなって、経済的な問題を抱えこんでしまいました。

アンケート3|うつで退職しようか悩んでいる30代男性に、一番伝えたいことは何ですか?

最後に、「うつで退職した30代男性」30名から「うつで退職しようか悩んでいる30代男性」に向けて、一番伝えたいことを聞き取りましたので、回答を9種類に分け、以下でご紹介します。

心身を壊す前に、早めに退職すべき(30人中7名)

  1. 悩まずに退職して良いです。健康が一番大事です。体を壊してまでしなければいけないことはありません。
  2. 体と心を壊したら元も子もないので、まず仕事から離れて心身共に休息をとる方が良いです。
  3. 逃げるは恥じゃありません自分を守るために早い決断を
  4. うつ状態で仕事を続けていて、原因がその職場にある場合は、部署が変われるなら直ぐに変わったり、それが出来ないなら辞めるべきです。我慢して耐えていると悪化して社会復帰するのに多くの時間を費やす可能性があります。
  5. 心身を壊してしまっては働く事もできなくなるので早めの退職が良いです。退職が遅くなるとそれだけ復帰に時間が必要になります。
  6. 死ぬことを考えたり、アルコールにおぼれて家族を大事に出来ないような状態であれば仕事なんかやめた方がいいです。
  7. 例えば死ぬくらい辛いなら辞めた方が良いです。

まずは身体を休めること(30人中6名)

  1. 仕事で鬱になり自殺する人は多いです。まずは、自分を大事にしてください!
  2. 今、死んでしまうよりも一年休んで息抜きをしよう。なんとかなるもんだ。
  3. 自分が病気であることを認識してしっかりと休むときは休んでください
  4. 病気の治療が第一。薬の服用で職場復帰が可能であるなら退職は避けても良いが、症状を悪化させたらフルタイム労働への復帰は困難になる一方なので良く身体の調子を確認した方がいい。
  5. 仕事よりも身体が大事です。健康であれば何でもできます。
  6. 「うつ」という病気は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの過剰な不足が原因です。そのため、薬物療法とともに、休養を十分に取ることが最大の条件であることを認識されてください。

逃げてもいい。周囲の目を気にしないこと(30人中5名)

  1. 逃げ出したくなったら逃げ出してもいい。死ぬことだけは避けてほしい。
  2. 退職したことで人間関係をリセットできるのであれば、それもいいかも。
  3. 嫌なことから逃げることも時には必要だと思います。私は環境を変えることで自分もいい方向に変わりました。
  4. うつ病は恥ずかしい事でも、情けない事でもありません。心が楽になる道を選んで下さい。
  5. 人生は1回しかないので、周囲の目を気にせず自分の選択に自信を持ってほしい。

休職などの制度を活用しよう(30人中3名)

  1. 生活と自分の維持、改善は一人ではできません。まわりの人の助けや制度をフルに頼っていいと思います。隠さず焦らずゆっくりと前を向けるように休んで下さい。
  2. 自分の心と身体が一番なので、退職しようか悩んでいる時は、すぐに退職ではなく休職期間も利用してよく考えて退職するのもいいと思います。
  3. 辞めるか休むかはっきりしたほうがいいです。私のときと違って、世間はとても優しくなりました。

まずは病院を受診して(30人中3名)

  1. 病気だから病院に行くという考えで精神科に行く事です。偏見差別を気にしない。だって、世界はノーマライゼーションを目指しているんですよ。
  2. 悩んでいる時間があれば、病院に行った方がいいよって伝えたいです。
  3. 現在自身が鬱かも知れないと思い悩んで退職をしようか悩んでる30代男性はとにかく1度病院を受診して下さい、最初はなるべく大きな総合病院を受診する事がオススメです、理由は単純に心の病というのは医者でも非常に判断が難しく基本的にいろんな科をたらい回しにさせられるからです、小さな病院ですと紹介されたりして余計な交通費や労力がかかるのであらかじめ全ての科が収まっている大学病院みたいな総合病院を受診したほうが良いのです、そこで鬱病と診断されれば基本的にはメンタルクリニックの受診を勧められ専門医師との会話と飲み薬で治療が始まります、鬱病は自身では決して判断は出来ないので退職する前に必ず病院で診てもらい鬱病と診断を受けてから退職しましょう、でなければ会社によっては退職金が下りない会社もあるので損をしますし鬱病だと思ったら単なる気持ちの落ち込みだったという事で退職して後悔する羽目になります、以上です。

医師や家族によく相談しよう(30人中2名)

  1. 僕の場合は退職が良い方向へ向きましたが、退職というのは大きな決断なので主治医とよく相談したうえで判断されることをお勧めします。
  2. 我慢して1人で抱え込むのではなくて、家族や医師などに相談して欲しいです。

とりあえず行動してみること(30人中2名)

  1. まずは行動してみることです。世の中には仕事で溢れているので自分にあった仕事を見つけてください
  2. 悩んでても解決しないので、行動してみることが大切!

我慢するくらいなら転職すべき(30人中1名)

  1. 辛い思いを我慢するくらいなら、そのエネルギーを転職という方向に向けて、新たな出発をしたほうが賢明であると感じます。

退職は悪ではない(30人中1名)

  1. 状況にもよりますが、退職することは悪ではないですし自分のためになりうるの前向きにとらえてください。会社勤めできなくても自分で仕事もできる時代ですので、楽しくいきましょう!

まとめ|うつで退職を悩んでいる30代男性は、まずは身体を休めることを最優先に。

今回は、うつで退職した30代男性へのアンケート結果をご紹介しました。うつで退職してよかったか、後悔しているかという質問に対しては、30人中28名が「退職してよかった」と回答していました。

現在うつで悩んでいる30代男性の方は、今回ご紹介した実際の退職者の声をご参考に、ご自身に合った行動をとっていただきたいです。

病院を受診できていない方は、まずは病院を受診し、診断書を貰うのがよいでしょう。休職制度がある職場でしたら、診断書をもとにまずは休職して、冷静に考える時間を確保できるとよいです。ご自身の心身の健康が何よりも大切だということだけは、忘れないでください。

今回の記事が参考になった・ためになったという方は、是非SNS等で周りの方にご紹介いただければ幸いです。

執筆者 ミンタイ|みんなの退職 斎藤

-退職すべきか考える

© 2022 ミンタイ|みんなの退職